総量規制を超えた場合でも借りられる所「サムネイル」

総量規制を超えた場合でも借りられる所

現在、消費者金融では総量規制と言うものがあります、これによって年収の3分の1を超える借り入れは出来なくなってしまいました。

昔は消費者金融側がOKさえすれば幾らでもお金を借りる事ができた為、返済不能に陥り自己破産者が急増し社会問題になった為に施行された法律です。

たしかに総量規制が出来た事によって無謀な借り入れができなくなったので自己破産者は減ったかもしれません、その反面お金の工面に困った方が増えたのも事実です。

総量規制対象外で借りれる所とは

では借り入れが年収の3分の1を超えてしまった場合はもうお金は借りる事はできないのでしょうか?

いいえ、借りられる所は存在しています。今回はそれをいくつかご紹介します。

銀行系カードローン

総量規制は主に消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠が対象となっています、ですので銀行での融資はコレに含まれません。

例えばですが

  • みずほ銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン

これらの銀行系カードローンなら総量規制が関係ないので年収の3分の1を超えた借り入れが可能となります。

なぜ銀行系カードローンは総量規制対象外なのか?

簡単に言ってしまうと適用されている法律が違うからです。消費者金融は貸金業法、銀行は銀行法という別々の法律の上で運営されています。

ですが総量規制は多重債務者を増やさない事を目的に作られている訳ですから銀行にだけ適用されないというのはちょっとおかしな話ですよね?

近年、銀行にも総量規制を適用すべきだという声が上がってきていますので今後銀行にも適用される可能性はなきしもあらずです。

taisyougai.jpg

銀行系カードローンは審査が厳しい

総量規制を超えてしまった場合は銀行系カードローンに申し込めば一件落着かといえばそういうわけでもありません。

理由は審査の厳しさにあります、消費者金融は基本的に仕事をしていて収入があれば借りられ審査はかなり甘いといえます、しかし銀行は審査が厳しく誰でもお金が借りられるというわけではありません。

消費者金融からの借り入れは審査時にマイナス要素

銀行からの借りれは総量規制が関係ないとは言っても、消費者金融から幾ら借り入れがあるというのは審査時に見られてしまいます、そもそも銀行でローンを組む際に消費者金融から借り入れがある時点で審査時にマイナスイメージを持たれるといわれおり、さらに総量規制ギリギリまで借りているとなれば審査はかなり厳しいものになることは間違いありません。

質屋

質屋と言うのも総量規制には関係ありませんから融資を受ける事が可能です、当然質入するものがないと借りる事はできませんが、、、

最近は偽装質屋と言って質屋を装った闇金も存在しているので注意が必要です。

保険会社

保険会社と積み立て方式の契約をしている場合も借り入れが出来る場合がありますので問い合わせしてみるのも一つの手です。

国や役所からお金を借りる

これも使用用途なども重要になってきますし審査も厳しいですが本当に困っている場合は相談してみると良いでしょう。有名なものとしては年金を担保にお金を借りれるというものがあります。

個人間融資掲示板

個人間融資というものが存在しています、これは掲示板やSNSなどを使ってお金を貸したい人と借りたい人が交渉をして個人でお金の貸し借りをするというものです。

ですが詐欺などの被害報告も多数上がっているため利用には注意が必要です。

ソフト闇金

ソフト闇金も総量規制などは関係なく借りる事ができます、ただしかなりの高金利を払わなくてはいけないため返済不能に陥る可能性も高くあまりお勧めできる方法ではありません。